主宰者冨永眞喜江の仕覆歴

1991年 アンティーク目黒の仕覆教室で、門脇旭包先生の指導を受ける。

1992年 門脇先生死去により、高弟の月岡京子、水木愛子両氏の少人数精鋭主義の指導のもと、プロになるための特訓を受ける。50個縫えば一人前と言われる。

1995年 50個縫製の目標に到達。

2009年 マキ仕覆教室を銀座三丁目に設立。

2010年 マキ仕覆教室第1回作品展を古美術桃青店内で開催。

2011年 縫製個数400個を越える。

2012年 マキ仕覆教室第2回作品展を長谷川画廊で開催(3月)。

2012年 マキ仕覆教室の場所を銀座8丁目に移転(7月1日)。教室開講日を月5回に拡

大。

2014年 マキ仕覆教室第3回作品展を長谷川画廊で開催(3月)。

2014年 教室開講日を月6回に拡大(6月)。

2016年 マキ仕覆教室第4回作品展を長谷川画廊で開催(3月)。

2017年 縫製個数500個を越える(4月)

2018年   マキ仕覆教室第5回作品展を長谷川画廊で開催(3月)。

2019年 毎月第2土曜日に教室開校日を新設(4月)。

2019年 マキ仕覆教室主宰冨永眞喜江およびその教室が月刊誌『江戸楽5月号』の取

     材を受けました。掲載記事は下記をご覧ください。

冨永眞喜江が仕立てた作品の一例
冨永眞喜江が仕立てた作品の一例

『江戸楽 2019.5月号』p.61より